WEBライティング技能検定はこれからのビジネス社会に必要
ロゴ

読みやすい文章を作る力はWEBライティング技能検定で身につく

必要な情報でも誰かに読まれないと意味がない

WEB上にかかれている文章を読む時は、短時間で内容を知りたい人が多いでしょう。長時間かけて読まれる書籍や新聞とは、読み方が異なります。そのため、WEBとしての特性を理解していないと文章が読まれることはありません。作成した記事にどれほど重要な内容が書かれていても意味が無いのです。

WEBライティング技能検定とWEBライティング能力検定の比較

WEBライティング技能検定の概要

通信講座を受けることで資格試験を得られるようになっています。受験料と受講代、諸費用を含めると約40,000円と高めですが、試験はWEB上から受けることが可能です。

WEBライティング能力検定の概要

会場で試験が行われます。検定の点数で1級から3級と振り分けられ、1級は80点からです。資格は2年毎に更新され、その際には費用を払う必要があります。

WEBライティング技能検定はこれからのビジネス社会に必要

女性

結論から先に書く

ネットで記事を多くの人に見てもらうには、結論から先に書いたほうが良いです。何故なら、ネットで記事を見る人は沢山の情報の中から、知りたい情報を探しています。そのため、早く結論を得たいからです。書く側からしても、話がそれにくくなるので読みやすい文章が書きやすくなるでしょう。

教材

代名詞を使わない

代名詞を入れると、読んでいる人は文章を飛ばしてしまいます。よって代名詞をなるべく使わず、具体例や根拠を入れた方が、分かりやすい文章が書けるでしょう。そうすることで、文章も読みやすくなります。

女の人

簡単な言葉に変える

専門用語など難しい言葉があると、知らない人は文章が何を伝えたいのか分からなくなってしまいます。専門学者など特定のターゲットを狙っていないのならば、使わないほうが良いでしょう。辞書を使う必要が無いような、スラスラと簡単に読める記事を書くようにしましょう。

WEBライティングでビジネススキルも向上できる

WEBライティングを鍛えれば、ビジネススキルとしても応用できます。例えば、企画書の作成、プレゼンテーションで聞いている人に内容を伝える話術として利用できます。すぐに身につくのは難しいかもしれませんが、取得すればとても役に立つ資格と言えるでしょう。

広告募集中